太陽の巨大黒点、10月26日時点で地球約66個分…約24年ぶりの大きさ 1枚目の写真・画像

 国立天文台は19日、太陽観測衛星「ひので」と太陽観測所が捉えた、太陽の巨大黒点画像を公開した。2014年10月下旬に出現し、10月26日時点で黒点群全体の面積は、地球約66個分になったという。

趣味・娯楽 その他
国立天文台 太陽観測所のフレア望遠鏡が取得した黒点(10月18日~28日、抜粋)(c) 国立天文台
国立天文台 太陽観測所のフレア望遠鏡が取得した黒点(10月18日~28日、抜粋)(c) 国立天文台

編集部おすすめの記事

特集

page top