四谷大塚に関するニュースまとめ一覧(9 ページ目)

 中学受験専門の進学塾で、首都圏に校舎を展開している。直営校のほかに、提携塾(YTnet)の運営も行っており、カリキュラムを提供している。
 四谷大塚では、小4~6まで学年別にカリキュラムが分けられている。
 学習内容は「学習予定表」に週単位で組まれ、「予習~授業~復習(テスト)~確認」を1週間でこなしていく。授業は、中学受験用テキストの定番となっている「予習シリーズ」に沿って進められ、週例テストで間違った個所について土日にVOD(ビデオ・オン・デマンド)で復習できるようになっている。
 1クラスの人数は20~30人で、学力別に編成され、年に数回(学年により異なる)クラス分けが行われる。また、小6の9月からは志望校別のコースも設置される。
 講師は、1教科専任制をとっている。
 1週間の通塾日数は、小4が4科目で3日/2科目で3日、小5が4科目で4日/2科目で3日、小6が4科目で3日/2科目で3日。校舎によっては理科実験教室が設置されており、全学年を対象に月1日受講できる。
 安全対策としては、校舎から駅までの引率を行っている。

【中学受験の塾選び】首都圏の人気塾をチェック
【中学受験の塾選び】首都圏の人気塾の合格力(2016年度版)…5塾比較 画像
教育・受験

【中学受験の塾選び】首都圏の人気塾の合格力(2016年度版)…5塾比較

 1月、2月に行われた中学入試が終わり、結果が出揃ったところで首都圏の大手人気塾5校(サピックス小学部・日能研・四谷大塚・早稲田アカデミー・栄光ゼミナール)の2016年度の合格実績を見ていこう。

【中学受験の塾選び】四谷大塚の特徴と費用、塾選びのポイント(2016年度版) 画像
教育・受験

【中学受験の塾選び】四谷大塚の特徴と費用、塾選びのポイント(2016年度版)

 中学受験に向けた塾選びの参考に、大手人気塾6校の特徴と費用を紹介する。今回は四谷大塚について見ていこう。また、四谷大塚がどういうお子さんに向いているかといった塾選びのポイントを中学受験 個別指導のSS-1に聞いた。

【中学受験2016】早稲田133人・開成82人…四谷大塚が合格者実績を公表 画像
教育・受験

【中学受験2016】早稲田133人・開成82人…四谷大塚が合格者実績を公表

 四谷大塚は2月12月、特設ページ「2016年中学入試合格者数」で合格者実績を公表した。2016年の合格者実績は、開成82人、麻布57人、武蔵44人、桜蔭52人、女子学院48人、雙葉25人、筑波大附属駒場(筑駒)21人など。

【中学受験2016】開成の実受験者数1,131人ほか首都圏の入試結果最新版 画像
教育・受験

【中学受験2016】開成の実受験者数1,131人ほか首都圏の入試結果最新版

 四谷大塚の入試情報センターは2月5日、出願者速報と入試結果の最新版を掲載。開成の入試は1,131人が受験、396人が合格し、合格最低点は310点満点中196点となっている。桜蔭は523人が受験し、そのうち266人が合格となった。

【中学受験2016】出願者数最多は2/2豊島岡、2/3浅野…入試最終予想 画像
教育・受験

【中学受験2016】出願者数最多は2/2豊島岡、2/3浅野…入試最終予想

 四谷大塚は1月31日、2015年合不合判定テスト最終資料として、「2016年入試最終予想パート4」を公表した。首都圏のおもな学校について、受験日ごと最新の出願状況を一覧にして掲載している。出願者数は、2月2日校は豊島岡女子学園、2月3日校は浅野が最多となっている。

【中学受験2016】東京・神奈川で中学入試スタート…進学塾が受験生を激励 画像
教育・受験

【中学受験2016】東京・神奈川で中学入試スタート…進学塾が受験生を激励

 2月1日、いよいよ首都圏の中学入試がスタートした。2月1日は、開成や桜蔭などの御三家をはじめ多くの人気中学が入試を行っている。開成中学の入試では、早朝から塾関係者が詰めかけ、受験生の本番直前のエールを送っていた。

【中学受験2016】東京・神奈川中学入試2/1解禁、難関校の解答速報を即日公開 画像
教育・受験

【中学受験2016】東京・神奈川中学入試2/1解禁、難関校の解答速報を即日公開

 東京・神奈川の中学入試が2月1日に解禁となり、首都圏の中学受験シーズンが本番を迎えた。安定しない天気や交通状況を考慮し、早め早めに試験会場へ向かった受験生も多いのではないだろうか。

【中学受験2017】四谷大塚、公立中高一貫対策通信教育を2月開講 画像
教育・受験

【中学受験2017】四谷大塚、公立中高一貫対策通信教育を2月開講

 四谷大塚は2月より、新6年生を対象とした通信教育「公立中高一貫校対策コース」を新規開講する。四谷大塚オリジナル教材「予習シリーズ公立中高一貫校対策」とweb解説授業「予習ナビ」、テスト、作文添削で合格をサポートする。

【中学受験2016】出願者数、最多は開成1,211人…入試最終予想 画像
教育・受験

【中学受験2016】出願者数、最多は開成1,211人…入試最終予想

 四谷大塚は1月26日、2015年合不合判定テスト最終資料として、「2016年入試最終予想パート3」を公表した。首都圏のおもな2月1日入試校のうち、出願者の多い学校を掲載している。1月26日午後8時現在のデータによると、もっとも出願者が多いのは開成で1,211人となっている。

【中学受験2016】埼玉・千葉の実質倍率…渋幕は男子2.3倍・女子2.8倍 画像
教育・受験

【中学受験2016】埼玉・千葉の実質倍率…渋幕は男子2.3倍・女子2.8倍

 四谷大塚は1月25日、2015年合不合判定テスト最終資料として「2015年合不合判定テスト最終資料Part2」を発表した。2016年の埼玉県と千葉県の中学入試は、概ね昨年とほぼ同じ実質倍率で推移しているという。

【中学受験2016】開成・武蔵が前年比増、女子大幅減…御三家ほか出願者速報 画像
教育・受験

【中学受験2016】開成・武蔵が前年比増、女子大幅減…御三家ほか出願者速報

 四谷大塚は1月20日、「出願倍率速報と入試結果」の最新情報を公表した。出願受付が始まった男女御三家などの初日の出願状況が掲載されている。前年初日の出願者より増加したのは開成と武蔵。麻布や桜蔭、女子学院、雙葉では前年初日より減少に転じた。

【中学受験2016】四谷大塚が「灘」解答速報公開、合格発表は1/18 画像
教育・受験

【中学受験2016】四谷大塚が「灘」解答速報公開、合格発表は1/18

 四谷大塚は特設Webサイト「2016年度入試 中学入試解答速報」にて、1月16・17日入試の灘中学校の解答速報を公開した。同校の入試データによると、募集人数180人に対し、応募者数は656人(1月6日15時時点、締切)で、応募倍率は3.64倍。

【中学受験2016】四谷大塚が「浦和明の星女子」解答速報公開、合格発表は1/16 画像
教育・受験

【中学受験2016】四谷大塚が「浦和明の星女子」解答速報公開、合格発表は1/16

 四谷大塚は特設Webページ「2016年度入試 中学入試解答速報」にて、1月14日入試の浦和明の星女子中学校の解答速報を公開した。同校の入試データによると、第1回試験は募集人数120人に対し、応募者数は1,918人で、応募倍率は15.9倍

【中学受験2016】灘など難関校の入試問題と解答速報、特集サイトまとめ 画像
教育・受験

【中学受験2016】灘など難関校の入試問題と解答速報、特集サイトまとめ

 中学入試シーズンに入り、塾などでは難関中学校の入試問題や解答の公開を始めている。1月16、17日に行われる灘中学校の入試についても、特集サイトなどで速報がいち早く紹介されることになっている。

【中学受験2016】志望者が多い上位60校…四谷大塚 画像
教育・受験

【中学受験2016】志望者が多い上位60校…四谷大塚

 四谷大塚が公表した「合不合判定テスト最終資料パート1」では、入試前の最終予想として、2015年12月実施の「第6回合不合判定テスト」で志望者の多い学校を紹介している。第1と第2志望者の合計がもっとも多いのは、男子が浅野、女子が豊島岡女子学園であった。

【中学受験2016】四谷大塚、ネットで合格発表を行う学校を一覧で紹介 画像
教育・受験

【中学受験2016】四谷大塚、ネットで合格発表を行う学校を一覧で紹介

 私立中学校入試が本格化する中、四谷大塚は、インターネット上で合格発表を行う学校の一覧をホームページで紹介している。インターネットによる合格発表の日時を発表日順に掲載しているほか、各校へのリンクもあり、入試ごとの発表日時などを確認できる。

  1. 先頭
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 7
  6. 8
  7. 9
  8. 10
  9. 11
  10. 12
  11. 13
  12. 14
  13. 20
  14. 最後
Page 9 of 22
page top