中高の思春期を男だけで過ごす利点「男子校という選択」

教育・受験 その他

男子校という選択
  • 男子校という選択
 現役教員や在校生、卒業生への取材をもとに「男の園」を徹底解剖する、おおたとしまさ(育児・教育ジャーナリスト)著「男子校という選択」(893円)が日本経済新聞出版社から発行された。

 「東大合格トップ10の8校は男子校」「ガリ勉は疎まれ、遊んでばかりいるのも格好悪い」「大切なことは、みんな学舎で教わった」「海外では男子校の価値がこんなに高い」など、共学化が進むなか、中高の思春期を「男」だけで過ごす、その利点を解剖する。

 第一章 男の子を取り巻く環境の何が変わったのか
 第二章 「偏差値60の共学」より「偏差値54の男子校」
 第三章 現役教員が本音で語る「男子校の良いところ、悪いところ」
 第四章 バンカラ?それともアカデミック?「男の園」を解剖する(男子校ガイド)
 第五章 大切なことは、みんな学舎で教わった(男子校OB著名人インタビュー)
 第六章 海外では男子校の価値がこんなに高い
 第七章 「脱・草食」のためにも、男子校のススメ
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)