広尾学園、1人1台のiPadを使った物理の公開授業1/27

教育・受験 学校・塾・予備校

日常的にiPadが活用されている広尾学園
  • 日常的にiPadが活用されている広尾学園
  • 問題解決のメインツールとして活用
 広尾学園高等学校は、iPadを使った学園教員と生徒による物理の公開授業を1月27日に実施する。

 広尾学園高等学校は、東京都港区南麻布にある私立中高一貫校。同校では、2011年度7月よりiPadを150台導入し受験学力の先を見据えた「自らが主体となって考える力」の育成に取り組んでいる。その中でも高校の医進・サイエンスコースでは、1人1台iPadを所有し、日々の学園生活や研究活動、学習活動に役立てているという。

 今回、物理の実験授業として力学実験を実施するにあたり実験方法のリサーチからデータの解析などをiPadをメインツールとして活用する。実験授業では、内容の理解を促すための実験(demonstration)だけでなく、問題解決能力を鍛えるために自ら調べ、考える本当の意味の実験(experiment)を目指しているという。

 今回の物理学実験では、従来の授業で重視されていた実験器具や方法に関する指示や説明は行わず、iPadを用いてウェブ上の確かな情報を集めることで、自分たちの力で課せられた課題を解決する方法を模索していくという。さらに実験で得られたデータはiPadの表計算アプリケーションNumbersを用いてその場で分析して議論の材料とするという。

 生徒たちには最新の機器を使いこなすICT能力が養成されるとともに、問題を解決するという明確な目的を持って思考することで実験の原理を深く理解することが期待されるとしている。また、授業終了後は、担当教員との質疑応答も行われる予定。
 
◆広尾学園で「問題解決能力を鍛える」公開授業
日時:1月27日(金)10:40〜12:20
場所:広尾学園新校舎サイエンスラボ
1人1台のiPadを活用した「重力加速度の測定」実験(高校物理)
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)