最新3Dプリンタの造形技術にふれる体験ツアー3/27

 ファソテックは、企業のCSR活動の一環として、小学生を対象に普段見ることができない最新の3Dプリンタ技術を体験してもらうことを目的としたイベント「3Dプリンタ体験ツアー」を千葉市科学館と共同で3月27日に開催する。

教育・受験 学校・塾・予備校
3Dプリンタ体験ツアー
  • 3Dプリンタ体験ツアー
  • 3Dプリンタ「Connex」
  • CADで作成されたソルジャーを3Dプリンタで造形
  • CTで撮影された肝臓を3Dプリンタで造形
 ファソテックは、企業のCSR活動の一環として、小学生を対象に普段見ることができない最新の3Dプリンタ技術を体験してもらうことを目的としたイベント「3Dプリンタ体験ツアー」を千葉市科学館と共同で3月27日に開催する。

 同ツアーでは、パソコンの画面上で3Dデータを作る作業から、最新3Dプリンタ「Connex」による造形を体験することができる。Connexは、Objet社が開発した、2種類のモデル材料を混合して同時に造形できる世界で唯一のマルチマテリアル型3Dプリンタ。エラストマーやプラスチック系などあらゆる材料を組み合わせて造形することで、モデルの「感触」までリアルに表現することができるという。

 参加対象は小学生以上で、小学生は保護者同伴。申込は、千葉市科学館まで問い合わせとなっている。

◆3Dプリンタ体験ツアー
開催日時:3月27日(火)13:30〜15:30(13:00受付開始)
募集期間:3月3日(土)~3月26日(月)※定員になり次第終了
集合場所:JR海浜幕張駅南口(現地集合・解散)
定員:20名
対象:小学生以上から一般 ※小学生は保護者同伴、未就学児は参加不可
参加費:無料
申込方法:千葉市科学館まで電話で「テクノショップ会社見学」と申し込む
[プログラム]
1「3Dプリンタってどんなもの?」
 3Dプリンタの仕組みや造形までの流れを映像で楽しく理解できる
2「3Dデータを作ってみよう」
パソコンの画面上で3Dのデータを作る体験ができる
※係員が指導・説明
3「3Dプリンタがモデルを造形していく様子を見よう」
 画面上のデータが実際に「もの」としてできていく様子を見ることができる
4「3Dプリンタで作ったモデルを見て触ろう」
 3Dプリンタで造形されたさまざまなモデルを見て触れることができる
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)