入学時の寄附金、「する」のは私立中63%・私立高78%

教育・受験 学校・塾・予備校

私立小学校
  • 私立小学校
  • 私立中学校
  • 私立高等学校
  • 私立大学
 中学校、高等学校では入学試験が終わった地域も多く、お子さんたちは進学への期待に胸を躍らせている時期ではないだろうか。一方で、入学金や授業料の支払いを済ませ、寄附金に頭を悩ませている保護者もいるかもしれない。

 リセマムでは、Webアンケートにて2012年2月9日から3月9日までの期間、入学時の寄附金に関する調査を実施した。「入学時の寄附金しましたか(しますか)?」の質問に、私立小学校・私立中学校・私立高等学校・私立大学別に回答いただき、97の有効回答を得た。

 私立小学校では79%が「はい」、7%が「いいえ」、14%が「わからない」と回答。私立中学校では63%が「はい」、25%が「いいえ」、12%が「わからない」という結果となった。

 公立高校の授業料無償化にともない、2010年度から授業料軽減のための就学支援金支給制度が実施されている私立高校では、78%が「はい」、22%が「いいえ」と、寄附者の多い私立小学校とほぼ同等の結果となった。私立大学では、「いいえ」が71%と多く、「はい」はわずか14%だった。

 任意ではあるが、我が子がお世話になる学校ということで、小学校から高校までは、入学時には寄附をする保護者が多いようだ。ちなみに、入学に関してする寄附金については、「学校の入学に係る寄附金」とみなされ、寄附金控除の対象とはならない。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)