フューチャースクール実証校、富士通製タブレットを修学旅行でも活用

教育ICT パソコン

デジタルノートアプリケーションのイメージ
  • デジタルノートアプリケーションのイメージ
  • 重ね合わせのイメージ
  • 和歌山市立城東中学校のICT基盤のイメージ
  • ARROWS Tab Wi-Fi
 富士通は5月11日、和歌山市教育委員会と共同で、総務省フューチャースクール推進事業の実証校である和歌山市立城東中学校において、タブレット端末とクラウドを活用した実証研究を開始したと発表した。

 実証研究では、グループ学習や課外学習など校外での学習活動において、生徒それぞれが1台ずつ同社のタブレット端末「ARROWS Tab Wi-Fi」を持ち、情報収集・分類・整理などにクラウドを活用する学習スタイルを試みるという。

 「ARROWS Tab Wi-Fi」は、10.1インチの液晶画面を搭載しながら、599gという軽量化を実現したデュアルコアCPU搭載のハイスペックタブレット端末。OSは、Android3.2で起動も速く、カメラ、GPS機能も搭載し、防水性能により屋外での利用にも適しているという。

 富士通では、実験用に教師が作成した教材や生徒が撮影した写真などデータに手書きで自由に書き込みできる「デジタルノートアプリケーション」を開発。書き込みデータは、教材データとは別のレイヤーに保存されるため、繰り返し学習にも利用できるという。

 また、インターネットを経由し、学校内外のどこからでもクラウド上の教材データや学習記録にアクセスできるICT基盤を構築。クラウドは、先生用、生徒用、教材データなどにレイヤー分けされ、利用者ごとにアクセス権限を設定できるようセキュリティが強化されているという。

 同校では、5月11日から始まる海外修学旅行にタブレット端末を携行し、旅先の生徒と学校とでのコミュニケーションを行う予定だという。
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)