自由研究の発表の場に…小・中学生対象「自然科学観察コンクール」

教育・受験 その他

自然科学観察コンクール
  • 自然科学観察コンクール
  • 応募要項
 毎日新聞社 自然科学観察研究会は5月31日、小・中学生を対象とした理科自由研究コンクール「第53回 自然科学観察コンクール」の応募要項をホームページに掲載し、作品の募集を開始した。

 同コンクールは通称「シゼコン」と呼ばれ、昭和35年から続く伝統の理科系のコンクール。全国の小・中学生を対象に、動物や植物の生態・生長記録、鉱物、地質、天文、気象の観察など、毎年、自由なテーマで作品を募集しており、夏休みの自由研究や、科学部などの研究成果の発表の場として活用されているという。

 個人での応募のほか、グループやクラス単位での作品応募も可能。研究応募作品はすべて一点ずつ審査され、評価とアドバイスとともに返却されるという。

 応募期間は10月31日まで。応募用紙に必要事項を記入し、作品といっしょに郵送する。作品は、学校や地域の夏休み作品展などに出品したものでもかまわないが、全国規模の科学コンクールや雑誌などに発表したことのないオリジナルのものに限られる。

 優秀作品には、文部科学大臣賞をはじめ秋山仁特別賞、オリンパス特別賞(顕微鏡を使った優秀作品)などが贈られるほか、応募者全員に参加賞が贈られる。

◆第53回 自然科学観察コンクール
応募資格:全国の小・中学生
締切:10月31日(水)
発表:12月下旬ごろの毎日新聞、毎日小学生新聞、ホームページ
送付先:
 〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
   自然科学観察研究会
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)