世界初のLED光源デジタルプラネタリウム、西東京市に7/7オープン

教育・受験 その他

リニューアルした「サイエンスエッグ」のスクリーン
  • リニューアルした「サイエンスエッグ」のスクリーン
  • 世界最多1億4,000万個の星を映し出す投影機
  • 多摩六都科学館の外観
  • 今後の上映スケジュール
 多摩六都科学館(東京都西東京市)のプラネタリウム「サイエンスエッグ」が七夕の7日、リニューアルオープンした。

 多摩六都科学館のプラネタリウムは世界でも有数の大きさを誇り、直径25m以上の規模では世界で初めてLEDを光源に星空を投影する。また、世界最多(2012年4月現在)1億4,000万個の星を投影することが可能で、天の川の星一つひとつを再現することができるという。全天周フルデジタル化され、CGや星座名の投影ができるほか、大迫力の映画や多摩の風景パノラマも上映可能。さらに、プラネタリウムを快適に楽しめるよう内装も一新し、座り心地のよい座席を設け、車いすの座席数を10席に増やしたとのこと。

 プラネタリウムの投影時間は下記の通り ※各回約45分/キッズは約35分、定員234人

1)7/7 ~7/20   
1回目 :10:30 一般向けプラネタリウム投影・解説  
2回目 :11:50 大型映像上映
3回目 :13:30 一般向けプラネタリウム投影・解説
4回目 :14:30 大型映像上映    

2)7/21~8/31
1回目 :10:10 子供向けプラネタリウム投影・解説
2回目 :11:15 大型映像上映
3回目 :12:30 一般向けプラネタリウム投影・解説
4回目 :14:00 大型映像上映
5回目 :15:15 一般向けプラネタリウム投影・解説
6回目 :16:30 大型映像上映
7回目 :17:45 サタデーナイト(特別プラネタリウム投影・解説)

 利用料金は、科学館の展示室とプラネタリウム(1回)のセットで大人1,000円、小人(4歳~高校生まで)400円。展示室と大型映像(1回)のセットも同様。展示室、プラネタリウム(1回)、大型映像(1回)のセットの場合は大人1,400円、小人500円となっている。

天の川も鮮やかに! 多摩六都科学館、世界初のLED光源デジタルプラネタリウムが今日オープン

《白石 雄太@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)