高校生の夢や想像をかたちに、高校生建築設計競技開催

教育・受験 その他

第3回高校生コンペ
  • 第3回高校生コンペ
  • ものつくり大学
 ものつくり大学は、高校生を対象とした建築設計コンペ「第3回 ものつくり大学 高校生建築設計競技」を開催すると発表。世代を超えて住み続けられる家の建築設計を募集し、2月23日に授賞式を行うという。

 ものつくり大学の高校生建築設計競技は、建築設計を学ぶ高校生が、夢や想像を具体的な「かたち」へと作り上げていく過程で、創造する喜びや発想力の向上を図るとともに、将来信頼される建築技術者としての「知」と「技」、技術者としての「心」もはぐくむことを目的としているという。

 今回で3回目となる同コンペは、過去2回と同様「近隣の森の木を使用した家」をテーマに実施される。2011年の第2回大会では、個々の住宅における省エネ・省資源・長寿命化に着目し、「環境型最小限住宅の設計」を募集。今回は、持続型社会の構築にむけた家づくりに着目し、家族構成、価値観の変化に対応でき、世代を超えて住み続けられる「サスティナブルデザインの家」を募集するという。

 応募資格は、応募時に高等学校に在籍している学生とし、個人・グループでの応募は問わないという。また複数点の応募も可能だが、設計案は未発表のものに限る。そのほか、設計条件や詳しい応募方法、必要書類などは、特設サイトにて案内されている。応募授賞式は2月23日(土)の予定で、1等には賞状および賞金7万円が贈呈されるほか、応募者全員に作品集が贈られる。応募締め切りは2月9日(土)となっている。

◆第3回 ものつくり大学 高校生建築設計競技
応募期間:12月1日(土)~2月9日(土)
設計テーマ:「近隣の森の木を使用した家―住み続けられる家―」
応募資格・条件:応募時に高等学校に在籍している学生
授賞式:2月23日(土)
詳細、申し込み:Webサイト
《長尾 美奈子 》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)