世界中の優秀な留学生を日本へ、Webで「第2回Virtual留学フェア」

 河合塾グループのKEIアドバンスは、高度グローバル外国人財採用支援事業・留学推進事業を展開するフォースバレー・コンシェルジュと提携し、インターネット上で全世界の大学生、高校生等が参加できる「第2回Virtual留学フェア」を開催する。

教育ICT インターネット
Virtual留学フェア エントランス
  • Virtual留学フェア エントランス
  • Virtual留学フェア 会場一覧
 河合塾グループのKEIアドバンスは、高度グローバル外国人財採用支援事業・留学推進事業を展開するフォースバレー・コンシェルジュと提携し、インターネット上で全世界の大学生、高校生等が参加できる「第2回Virtual留学フェア」を2013年1月23日から3月15日に開催する。

 Virtual留学フェアは、リアルで開催される日本の大学・大学院への「留学フェア」と同様の仕組みをWebサイト上で実現。ブース出展する教育機関はオンライン上で質疑応答、案内書配付、動画コンテンツの配信など、留学生へのダイレクトアプローチが可能。一方でここへ参加する海外からの留学希望者は、日本の教育機関の情報をワンストップで収集することができ、より広い選択肢の中から、最適な留学先を決定することができる。

 この夏開催された国内初の「Virtual日本留学フェア」には、京都大学、一橋大学、早稲田大学、立教大学、神戸大学、上智大学、東洋大学ほか計18校がブース出展、世界70か国から参加登録があり、総来場者数5,640名と、国内最大規模の日本留学フェアとなった。

 本フェアは、留学生の獲得支援策である従来の日本留学フェアをオンライン上で実現することで、参加教育機関の膨大な時間的・経済的コストを大幅に軽減。また、ローコスト・ハイパフォーマンスの留学生獲得支援策を提供することで、日本の教育機関の国際競争力の向上に寄与するとしている。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)