日本エイサーのWindows 8タブレット「ICONIA W700」11/22発売

教育ICT モバイル

Windows 8搭載タブレット「ICONIA W700」は22日発売
  • Windows 8搭載タブレット「ICONIA W700」は22日発売
  • 「ICONIA W700」には専用のクレードルが付属
  • 「ICONIA W510/W510D」
 日本エイサーは20日、Windows 8搭載タブレット「ICONIA W700」「ICONIA W510/W510D」の発売日を発表した。「ICONIA W700」は11月22日から、「ICONIA W510/W510D」は12月中旬から発売する。価格はいずれもオープンで、予想実売価格は「ICONIA W700」が75,000円前後、「ICONIA W510/W510D」が65,000円前後/75,000円前後。両モデルとも10月に発表されていたが、このたび発売日がアナウンスされた。

 「ICONIA W700」は、1,920×1,080ピクセル(フルHD)表示対応11.6型IPS液晶を搭載。主な仕様は、Core i3-3217U(1.8GHz)、メモリ4GB、64GB SSD。インターフェイスは、USB 3.0、Micro HDMI、ワイヤレスはIEEE 802.11a/g/n、Bluetooth 4.0などを装備する。USB3.0と Micro HDMIポートを装備するクレードルが付属し、2段階(20度・70度)で角度を調整でき、縦置き・横置きも可能。本体サイズは幅295.0mm×奥行191.0mm×高さ11.9mm、重量は950g。バッテリ駆動時間は最大約9時間。

 「ICONIA W510/W510D」は、単体モデルが「ICONIA W510」、キーボードドックとのセットモデルが「ICONIA W510D」。液晶ディスプレイは、1366x768ピクセル10.1インチワイドIPSタッチパネルを搭載。主な仕様はAtomプロセッサー Z2760 (1.5 GHz)、メモリ2GB、64GB SSD。インターフェイスは、USB 2.0、Micro HDMI、microSDカードスロット、ワイヤレスはIEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0+HSなど。バッテリはドック装着時最大18時間、単体最大9時間。本体サイズはドック非装着時が幅258.5mm×奥行164.5mm×高さ8.8mmで、重量は約580g、ドック装着時で幅258.5mm×奥行186.5mm×高さ9.9mmで、重量は約1.26kg。

日本エイサー、Windows 8搭載タブレット「ICONIA W700」を11月22日から発売

《関口賢@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)