子どもが今年夢中になったもの、3位「嵐」・2位「AKB48」・1位は?

趣味・娯楽 その他

今年もっとも夢中になったもの
  • 今年もっとも夢中になったもの
  • 今年の漢字
  • 今年の流行語
  • 来年の漢字
 Benesse教育情報サイトは12月26日、今年子どもが夢中になったものや、今年・来年の漢字について発表した。今年、子どもがもっとも夢中になったものは、1位「ONE PIECE(ワンピース)」、2位「AKB48」、3位「嵐」がランクインした。

 同調査は、2012年11月13日~11月29日に、同サイトメンバーで0~18歳の子どもをもつ保護者2,574人を対象としたアンケートを実施した。

 今年の子どもを漢字一字で表すとどの漢字が一番ふさわしいかについて、1位「新」(152件)、2位「楽」(150件)、3位「忙」(109件)、4位「伸」(98件)、5位「努」(87件)がランクインした。

 今年もっとも夢中になったものについて、1位「ONE PIECE(ワンピース)」(172件)、2位「AKB48」(146件)、3位「嵐」(123件)、4位「ポケットモンスター」(120件)、5位「なめこ栽培キット」(65件)がランクインした。

 今年子どもがもっとも口にした言葉や真似をしていた行為は、1位「ワイルドだろぉ」「~だぜぇ」等(スギちゃん)、2位「あたりまえ体操」(COWCOW)、3位「スマホ」「スマートフォン」、4位「オッケー」「はーい」「ローラだよ」など(ローラ)、5位「LINE」と、芸能人の真似やデジタル関連がランクインした。

 来年一年に望むことを漢字一字で表すと、1位「学」(275件)、2位「健」(171件)、3位「新」(141件)、4位「進」(137件)、5位「楽」(133件)という結果だった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)