【センター試験2013】代ゼミ、大学別合格判定基準を公開

 代々木ゼミナールは1月23日、センターリサーチによる志望大学の学部・学科の合格判定基準表を公開した。国公私立の大学別に合格可能性を表す5段階の判定値と第1段階選抜予想ラインが掲載されている。

教育・受験 受験
東京大学
  • 東京大学
  • 京都大学
  • 早稲田大学
  • 合格判定基準表
 代々木ゼミナールは1月23日、センターリサーチによる志望大学の学部・学科の合格判定基準表を公開した。国公私立の大学別に合格可能性を表す5段階の判定値と第1段階選抜予想ラインが掲載されている。

 合格判定基準表では、国公立大学と私立大学、短期大学の3つ表が掲載されており、A~Eの5段階判定による得点率を表示している。

 合格可能性80%以上のA判定でみていくと、国公立大では東京大学の文科一類(前)93.5%、文科二類(前)92.5%、文科三類(前)92.0%、理科一類(前)95.5%、理科二類(前)94.5%、理科三類(前)97.5%、理三除く全類(後)97.5。京都大学の文(前)92.0%、法(前)91.0%、経済(前)91.0%、理(前)92.5%、医(前)97.0%など。

 私立大では早稲田大学の文97.5%、法92.5%、政治経済93.0%、商92.5%、人間科学90.5%、国際教養91.5%、スポーツ一般96.5%などとなっている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)