GDPに対する学校教育費…1位アイスランド、2位韓国

 総務省統計局が3月13日に発表した「世界の統計2013」によると、国内総生産に対する学校教育費は、「アイスランド」8.1%がもっとも高く、次いで「韓国」8.0%、「デンマーク」7.9%が続き、日本は5.2%であることが明らかになった。

教育・受験 その他
教員1人あたり生徒数(2010年)
  • 教員1人あたり生徒数(2010年)
  • 男女別在学率
  • 国内総生産に対する学校教育費
 総務省統計局が3月13日に発表した「世界の統計2013」によると、国内総生産に対する学校教育費は、「アイスランド」8.1%がもっとも高く、次いで「韓国」8.0%、「デンマーク」7.9%が続き、日本は5.2%であることが明らかになった。

 「世界の統計2013」は、世界各国の人口や経済、社会、文化など16分野の実情を編集したもの。このうち、「教育・文化」では、男女別在学率や男女別識字率、国内総生産に対する学校教育費などの統計がまとめられている。

 2010年の教員1人あたり生徒数は、初等教育においては「バングラデシュ」が最多の43人、「クウェート」が最少の8.4人。なお、日本は17.8人であった。

 2012年の男女別在学率は、初等教育においては「ナイジェリア」がもっとも低く、男:60.1%、女:54.8%。パキスタンは男が8割台、女が6割台、ガーナは男女ともに7割台、南アフリカとフィリピン、コロンビアは男女ともに8割台であるほかは、ほぼ9割を超えていた。

 2009年の国内総生産に対する学校教育費は、「アイスランド」8.1%がもっとも高く、次いで「韓国」8.0%、「デンマーク」7.9%が続いた。日本は5.2%であった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)