地球温暖化防止イベント「Earth Hour」3/23…世界中で同じ時刻に消灯

生活・健康 その他

「Earth Hour(アースアワー)」ポスター
  • 「Earth Hour(アースアワー)」ポスター
  • 「Earth Hour(アースアワー)」(日本語サイト)
  • 「Earth Hour」(英語サイト)
  • 参加方法
 世界中の人々が同じ日・同じ時刻に電気を消すことで「地球の環境を守りたい」という思いを示す国際的なイベント「Earth Hour(アースアワー)」が日本時間の3月23日(土)20時30分から21時30分に行われる。

 同イベントは、2007年3月にオーストラリアのシドニーでWWFの温暖化防止キャンペーンの一環として始まった。2012年までに世界150カ国以上、7,000を超える都市や町で数億人もの人々が参加している。

 消灯する時間は3月23日(土)20時30分から21時30分まで。世界各地の現地時間に合わせて行うため、時差の関係で東から順に消灯が世界を巡っていく。今年は、シドニーのオペラハウスやニューヨークのエンパイア・ステート・ビルディングなど各国を代表する建造物から、南アフリカ・ケープタウンのテーブルマウンテンなどの自然景観までもが消灯されるという。

 トイザラスグループは、同イベントに参加し、現地時間の3月23日20時30分から21時30分の1時間、日本、オーストラリア、アジア・パシフィック地域(中国、香港、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、ブルネイ)における約200店舗のトイザラス、ベビーザラスの不要な室内灯や屋外照明を消灯する。日本トイザらスは、2010年より継続的に「Earth Hour」に参加し、地球温暖化防止に努めているという。

 同イベントは、個人・組織を問わず誰でも参加できる。参加方法は、3月23日20時30分に電気の灯りを消し、ろうそくを灯し、身近なことや地球のことを静かに考える。そして、世界の人びとが同じ気持ちを抱いていることを思う。21時30分になったら、ろうそくを消し、明かりをつける。

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)