東京書籍とマイクロソフト、教育ICTで協業…学校生活支援アプリを無償提供

 東京書籍と日本マイクロソフトは3月29日、小・中・高等学校へのデジタルデバイスとICT利活用推進に向けて協業すると発表した。2社の提供する教育ソリューションを教育委員会や教育機関へ提案していくという。

教育ICT 学校・塾・予備校
スクールパレットのウェブサイト
  • スクールパレットのウェブサイト
  • スクールパレットの活用イメージ
  • スクールパレットの機能概要
 東京書籍と日本マイクロソフトは3月29日、小・中・高等学校へのデジタルデバイスとICT利活用推進に向けて協業すると発表した。2社の提供する教育ソリューションを教育委員会や教育機関へ提案していくという。

 取り組みの第1弾として、東京書籍は今夏をめどに、 Windows8用の学校生活支援アプリ「スクールパレット」をWindowsストア上で無償公開し、日本マイクロソフトやパートナー企業とともに全国の教育現場への展開を図る。

 「スクールパレット」は、児童・生徒向けの時間割やデジタル教科書・教材プラットフォームとして機能するほか、週案・時数管理といった教員向けの校務支援機能もワンストップで提供するWindows8用アプリ。他の教科書・教材会社、出版社、メディアなどと連携し、2013年3月29日時点で300点以上のデジタル教科書・教材、教育コンテンツを配信することが決定しているという。

 これらのコンテンツは、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Windows Azure」上で管理・配信される。文書や図版だけでなく、音声・動画などのコンテンツを低コストかつ柔軟に追加可能なクラウドのメリットを活用する。

 「スクールパレット」はすでに和歌山市教育委員会などでの試験導入が決まっており、2社は今後さらに取り組みを拡大し、全国の教育機関への導入を目指すとしている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)