矢野経済研、国内eラーニング市場に関する調査結果を発表

教育ICT その他

 矢野経済研究所は15日、国内eラーニング市場に関する調査結果を発表した。2013年1月~3月の期間に、eラーニングシステムやコンテンツの開発・構築・販売事業者、学習塾・語学学校や研修事業者等、学習ソフトウェア開発・製作・販売事業者等にアンケートを行った。

 それによると、2012年度の国内eラーニングの市場規模は、前年度比1.2%増の683億円になる見込みとのこと。2013年度のeラーニングの市場規模も微増で、前年度比1.3%増の692億円が予測された。

 同市場は法人向け(企業・団体内個人を含む)のB to B市場と個人向けのB to C市場で構成されるが、B to B市場はASP/SaaS/クラウド型サービスの普及や参入事業者の増加にともなう競争の激化等により、2012年度は微減推移だった。

 一方でB to C市場は、格安の語学レッスンや、学習塾・予備校におけるeラーニングサービスの導入など学習コンテンツやサービスの多様化などを受けて個人利用者が増加した。こうした傾向は続くものと見られる。

 また、携帯電話(スマートフォン含む)やタブレットなどのモバイル端末の普及にともない、法人、個人ともにeラーニング需要が活発化。2012年度の携帯電話とタブレットによるeラーニング市場規模は49億円(前年度比130.0%増)で、そのうちB to Bが42億円(前年度比147.1%増)、B to Cが7億円(同62.8%増)となる見込みで、全体傾向に比べて、大きな伸びを見せている。2013年度のeラーニング市場に占める規模は、前年度比57.8%増の77億3,000万円と予測された。同社では、「全体の規模と比較するとまだ小規模であるが、今後の拡大が期待される分野である」と考察している。

eラーニング市場、モバイル端末活用の需要が伸長……矢野経済研調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)