慶應医学部、電子教科書配信の利用実験に京セラと丸善の「BookLooper」活用

教育ICT 学校・塾・予備校

クラウド型電子書籍配信サービス「BookLooper」
  • クラウド型電子書籍配信サービス「BookLooper」
  • 本棚機能
  • ストアサイト
 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)と京セラ丸善システムインテグレーション(KMSI)は、慶應義塾大学医学部で2013年4月から行われる電子教科書の配信実験に、両社が開発・販売を行う電子書籍配信サービス「BookLooper」を提供すると発表。

 両社は、大学での電子学術書の普及を目指し、2010年から慶應義塾大学メディアセンター(図書館)と共同で学生・教職員を対象とした電子学術書利用実験を行ってきた。2013年4月からは、京都造形芸術大学などの教育機関にも電子書籍配信の商用サービスを提供しているという。

 今回実験を行う慶應医学部では、学生が数多くの専門書を持ち歩かなければならず、それら医学系書籍はページ数や図表を用いた説明も多いため、学生・教職員から書籍の電子化やITを活用したより効率的な学習への要望があったという。

 そこで慶應義塾大学医学部では、医学系学術出版社3社(医学書院・南江堂・医歯薬出版)の協力を得て、2013年4月から医学部の2年生全員と教職員の約140名にiPadを配布し、半年間(一部の教材は1年)授業や自宅などで利用する。その中で学習・研究に適した電子出版物の利用モデル、商品モデルの開発に必要な基礎データの収集を行っていくという。

 学生は、クラウド型電子書籍配信サービス「BookLooper」を使ってiPadにダウンロードした電子教科書を学習利用できるほか、同大学メディアセンターが提供する学術書や学術雑誌などもiPadで閲覧することができる。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)