発明協会が「全国少年少女チャレンジ創造コンテスト」の参加者を募集

教育・受験 学習

全国少年少女チャレンジ創造コンテスト
  • 全国少年少女チャレンジ創造コンテスト
  • 動力車と山車を作ってパフォーマンスする
  • 過去のコンテストの様子
  • 過去のコンテストの様子
 発明協会は、動力車などを作る「第4回少年少女チャレンジ創造コンテスト」の参加者を募集している。夏休みに地区大会が行われ、11月には国立オリンピック記念青少年総合センターで全国大会を開く予定だ。

 同コンテストは、全国の少年少女にものづくりの楽しさ、チームワークの大切さを体験させることなどを目的に、3年前から行われている。

 今回の課題は、「からくりパフォーマンス・カー」。動力車と山車を作り、連結させた状態で地元のものなどをピーアールしながら走行させる。設定時間内にコースを走行してゴールエリアに入るほか、作品の工夫や特徴のプレゼンテーションを行う。

 応募資格は、全国の小学3年生から中学3年までの3人の児童・生徒からなるチーム。夏休みに地区大会が行われ、成績優秀チームは全国大会に出場できる。

 作品の大きさやコンテスト内容など、詳しいルールはホームページに記載されている。

◆第4回全国少年少女チャレンジ創造コンテスト
参加資格:全国の小学3年生から中学3年生までの3人の児童・生徒からなるチーム。
地区大会:夏期休暇期間(7月~8月)に開催。地区大会の成績をもとに全国大会出場チームの選考を行う。
全国大会:11月16日(土)、国立オリンピック記念青少年総合センター体育館(予定)。
公開投票:全国大会出場チームの作品をインターネットで公開し、一般閲覧者投票を実施する。
申し込み:各地区で6月中旬に行われる説明会と6月~8月に行われる 創作指導会に参加し、地区大会にエントリーする。各地区の事務局はホームページで確認できる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)