京都府立高校、通学圏別合同説明会を5/25より開催…京都市・乙訓地域では7,400人が来場

教育・受験 受験

府立高校通学圏別合同説明会
  • 府立高校通学圏別合同説明会
  • 京都府教育委員会(Webサイト)
 京都府教育委員会は、府立高校46校が参加する平成25年度通学圏別合同説明会を、5月25日より府下10会場で順次開催すると発表。学校別の展示ブース、生徒によるパネルディスカッション、スタンプラリー、学校別ブースでの個別相談など、各学校の魅力や特色を知る機会だという。

 丹後通学圏の説明会は、6月2日・8日・9日に与謝の生涯学習センター知遊館、綱野のアミティ丹後、大宮のアグリセンター大宮にてそれぞれ開催される。内容は、3会場共通となっており、参加校によるブース展示や個別相談のほか、生徒によるパネルディスカッションとなっている。

 中丹通学圏では、6月1日・8日・9日に開催。綾部、舞鶴、福知山の3会場で約2,000名の来場者を見込んでいるという。内容は、参加校による全体会と各校によるブース展示が予定されている。丹通学圏では6月16日にガレリアかめおかで開催され、全体会や学校別説明のほかスタンプラリーが行われる予定で、1,300名の来場を見込んでいるようだ。

 京都市・乙訓地域の合同説明会は、5月25日・6月2日・29日・30日の4日間開催。国立京都国際会館とみやこめっせで行われ、内容は各校のブースによる個別相談。来場者は7,400名ともっとも多く、国立京都国際会館での説明会は午前と午後の部に分けられているので注意が必要。なお、山城通学圏の説明会は、6月16日文化パルク城陽にて開催。全体会や個別相談などが行われる予定で、3,000名の来場が見込まれている。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)