日経、中高大対象の株式学習コンテスト5月下旬受付開始…海外研修など

教育・受験 学習

日経STOCKリーグ
  • 日経STOCKリーグ
  • スケジュール
  • スケジュール
 日本経済新聞社は、中学生・高校生・大学生を対象にした株式学習コンテスト「第14回日経STOCKリーグ」を開催、5月下旬より参加者を募集する。バーチャル株式投資や、レポート作成など実践的な内容となっている。

 日経STOCKリーグでは、バーチャル株式投資や、各自の投資テーマに沿ったポートフォリオ(分散投資)と、レポートの作成を通じて、いきた経済に触れ、自ら考え、学んでいく力を身につけていくことを目的とする。

 ポートフォリオ学習では、経済動向、企業動向、環境問題、地域活性、少子化問題など、各自の問題意識から、投資したい会社や応援したい会社を考え、調査し、テーマにあったポートフォリオを構築。構築したポートフォリオをインターネットの株式投資のシミュレーションを通じて、実経済の変動を感じてもらうという内容。

 また、任意参加のバーチャル株式の体験学習では、参加各チームに与えられた500万円分の仮想株式投資権を付与。インターネットを活用して、実際の株価に基づいて株の模擬売買を行い、経済や金融の仕組み、働きを学ぶことができる。

 レポート作成では、ポートフォリオ構築のテーマを決めた背景や銘柄決定のプロセス、銘柄の情報などをまとめる。日経会社情報、インターネットなどを使って投資テーマにあった会社に関する会社情報、業績、将来性や社会貢献への取り組みなどについて調べ、場合によっては企業訪問や取材を行う。

 参加者は作成したレポートを提出し、その内容に基づき最終審査委員会が各賞の受賞チームを決める。最優秀賞チームには、海外研修旅行も予定されているという。

 参加申し込みは、インターネットから。まず、指導教諭(教官)が参加エントリーし、その後、学生が1チーム、3~5名で申し込む。第1次締切りは6月30日、第2次締切りは9月3日。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)