秀英予備校、映像授業をスマートフォン・タブレット端末に対応

教育ICT 学校・塾・予備校

タブレット端末(イメージ)
  • タブレット端末(イメージ)
  • スマートフォン(イメージ)
 秀英予備校は今夏から、中学1年生から高卒生向けに提供している映像コンテンツをスマートフォンおよびタブレット対応すると発表した。

 自宅のパソコンでの利用に限らず、さまざまな場面で映像授業が受講可能になる。たとえば、わからない箇所の復習をスマートフォンで手軽に行ったり、図書館でイヤフォンをつけて視聴したり、欠席した日の授業をタブレットで視聴するなど、多様なニーズに合わせた形で映像授業を提供していくとしている。

 秀英予備校は、小学2年生から高卒生までを対象に集団授業の「秀英予備校」、小学2年生から高校生までを対象に個別指導の「秀英PAS」を展開。ほかに、在宅や通学で受講できる映像授業も提供している。
 
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)