大阪府の校長公募について知事が動画でアピール

教育・受験 学校・塾・予備校

校長公募に向けた松井知事からのメッセージ動画
  • 校長公募に向けた松井知事からのメッセージ動画
  • 校長公募のポスター
 大阪府教育委員会は、大阪府立学校校長と大阪府公立小中学校の任期付校長を5月27日より6月19日まで公募している。公募について松井知事からのメッセージ動画が掲載されている。

 大阪府では、マネジメント能力やリーダーシップに秀でた熱意・情熱ある人材を幅広く募集するため、校長を公募する。採用予定人数は、府立高校・支援学校が20人程度、守口市立小学校と四條畷市立中学校でそれぞれ1人ずつ。採用期間は、2014年4月~2017年3月の3年間。

 大阪府教育委員会のホームページには、校長公募に向けた大阪府の松井一郎知事からのメッセージ動画が掲載されている。松井知事は、「教育行政と、保護者や府民が求める教育との間にズレがあってはいけない」という思いから、「今までの教育現場の価値観にしばられない民間の感覚を持った方々にその力を発揮してもらいたい」と、校長公募について語る。

 選考方法は、書類選考による一次選考の合格者に対し、二次選考(面接)を7・8月中の平日いずれか1日に実施。二次選考の合格者に対し、三次選考(面接)を9月中の平日いずれか1日に実施する。三次選考の合格者を「府立学校校長候補者名簿」に登載する。名簿登載者を対象に、来年度当初の校長採用者の決定と配置校の決定のため、校長採用選考を別途実施する。

 なお、書類選考では、これまでもっともマネジメント能力を発揮した実例を受験申込書に記入するほか、「私が取り組みたい重点施策(【高校】進学実績向上、就職実績向上、グローバル人材養成等、【支援学校】就労支援の充実、教職員の専門性向上等)」を2,000字程度で記した論文を提出する。

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)