風しん患者数が半年で1万人突破

生活・健康 健康

風しん累積報告数の推移2009~2013年
  • 風しん累積報告数の推移2009~2013年
  • 都道府県別人口百万人あたり風しん報告数
  • 風しんワクチン在庫シミュレーション
 国立感染症研究所は6月18日、風しんの発生動向調査結果を発表した。6月6日から12日までの1週間の報告数が517件、2013年の累積報告数が10,102件となり、この半年で1万人を突破したことがわかった。

 風しんは2012年春先から急激に増え続けており、2013年に入って勢いが増している。年間の累積報告数は、2009年の147件、2010年の87件、2011年の378件に比べ、2012年は2,392件、2013年は半年で10,102件にのぼる。

 都道府県別人口百万人あたりの風しん累計報告数をみると、最多は「大阪府」253件、次いで「東京都」195件、「和歌山県」175件、「鹿児島県」154件、「兵庫県」153件で、100件以上は6都府県にのぼる。

 拡大防止に有効とされる予防接種だが、厚生労働省によると、今夏以降にワクチンが一時的に不足する恐れがあるという。そのため、厚労省では、安定供給の目途がつくまでの間、妊婦の家族や妊娠希望者、妊娠する可能性が高い人で、抗体価が十分でない人が優先して接種できるよう、関係機関に要請している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)