SLに乗って学べる埼玉の自然、秩父鉄道と博物館の夏休み特別企画

趣味・娯楽 その他

SL長瀞ミュージアムトレイン
  • SL長瀞ミュージアムトレイン
  • SL長瀞ミュージアムトレイン
  • 埼玉県立自然の博物館
  • 埼玉県立自然の博物館
 秩父鉄道は、夏休みの特別イベントとして「SL長瀞ミュージアムトレイン」を運行すると発表。埼玉県立自然の博物館との合同企画となっており、最寄駅の上長瀞駅にSLが臨時停車するほか、車内でも学芸員が地形・地質などの説明を行うという。

 埼玉県立自然の博物館は県下唯一の自然史博物館で、秩父鉄道が設立した秩父鉱物標本陳列所の流れを汲み、90年以上にわたる歴史を持つという。館内には、73本のカルカロドンメガロドンの歯化石など、県内で産出した多数の化石や鉱物が展示されている。

 なお、8月2日のイベント開催日には、同博物館で埼玉の生き物に関する企画展「新参者昆虫図鑑」と肉食恐竜「タルボサウルス」の特別展示が行われており、常設展示とともに楽しむことができる。

 イベントの募集は、7月10日より先着50名で予約受付けを開始。予約の利用客は入館料無料、同館よりアンモナイト消しゴムのプレゼントが進呈される。

◆SL長瀞ミュージアムトレインに乗って埼玉県立自然の博物館&岩畳へ
開催日:8月2日(木)
参加費:無料
※SL整理券・乗車券等の交通費は各自負担
募集人員:50名(保護者同伴)
行程:SL長瀞ミュージアムトレイン(熊谷発10:12)→寄居駅から車内でミニ解説→上長瀞駅(臨時停車)→埼玉県立自然の博物館(説明)→岩畳(説明)→解散(13:00頃)
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)