【高校野球】夏の甲子園2013 1日目結果と2日目の見どころ

 本日8月8日に開幕した第95回全国高校野球選手権大会。初日から選手たちによる熱戦が繰り広げられた。試合結果と9日の見どころをまとめた。

趣味・娯楽 スポーツ
1日目の試合結果、日本高等学校野球連盟
  • 1日目の試合結果、日本高等学校野球連盟
  • 日本高等学校野球連盟 HP
 本日8月8日に開幕した第95回全国高校野球選手権大会。初日から選手たちによる熱戦が繰り広げられた。試合結果と9日の見どころをまとめた。

【第1試合】有田工(佐賀)5-4大垣日大(岐阜)
 開幕試合となった有田工対大垣日大は3点を先取した大垣日大がゲームをけん引。しかし7回に2点を返すと8回に2死1、3塁の場面で仙波の左中間2塁打で逆転し、そのまま逃げ切った。佐賀県勢はこれまでも全国制覇を成し遂げた佐賀商、佐賀北が開幕戦を勝ち抜き、勝ち上がっていった。開幕戦のジンクスが有田工を後押しする。

【第2試合】大阪桐蔭(大阪)10-2日本文理(新潟)
 第2試合の日本文理対大阪桐蔭では夏の連覇を目指す大阪桐蔭が、先制点をあげゲームを作る。今大会初の本塁打を森(友)選手が放つと近田選手もそれに続き二者連続本塁打で次々と加点。日本文理は2回、9回に反撃したが力及ばず大阪桐蔭がまずは1勝をあげた。

【第3試合】日川(山梨)4-2箕島(和歌山)
 第3試合の日川対箕島は日川が初回に大会第5号となる本塁打で先取すると4回、5回にも本塁打を放ち、流れをものにし、春夏通じて甲子園初勝利を収めた。箕島は得点のチャンスを何度も作るも後が続かず、好機を生かしきれなかった。しかし最後まで箕島の監督をはじめ選手たちが、とてもよい表情で試合に臨んでいたのが印象に残った。

 明日の第1試合の聖光学院(福島)は、7年連続10回目の出場。強力な打線が試合を盛り上げる。対する愛工大名電(愛知)は2年連続11回目の出場となる。制球力に定評がある東投手は、170cmと小柄ながら最速142km/hのストレートを武器に挑む。

 第2試合の熊本工(熊本)は4年ぶり20回目の出場。名門の左腕、山下投手はストレートと変化球のコンビネーションで相手を翻弄する。対する鳥取城北(鳥取)は2年連続3回目の出場、打率5割を誇る森口選手の活躍が楽しみだ。

 第3試合大分商(大分)は16年ぶり15回目の出場となる。打率4割を超える選手を中心に構成される打撃チームだ。対する修徳(東東京)は9年ぶり5回目の出場。東東京大会ではノーシードから勝ち抜き、全8試合中6試合をコールド勝ちするなど、こちらも打撃力を見せつける。

 続く第4試合の常総学院(茨城)は2年連続15回目の出場。茨城大会決勝では霞ケ浦にサヨナラ勝ちで劇的な勝利を収める。対する北照(南北海道)は3年ぶり3回目の出場。こちらも県大会決勝9回に猛攻で同点からの勝利を得た。どちらも粘りのある野球で、甲子園を沸かせるのではないだろうか。
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)