教材配信に利用可能なeラーニング製品「ShareWis」、学校向けに無料トライアル

 無料オンライン学習サイトを運営するシェアウィズは、企業・学校向け製品「ShareWis(シェアウィズ)エンタープライズ」の無料トライアル版を8月15日に発表。学校や塾の教材配信などでの利用が可能だという。

教育ICT 学校・塾・予備校
ShareWisエンタープライズ(学習インターフェイスのイメージ)
  • ShareWisエンタープライズ(学習インターフェイスのイメージ)
  • ShareWis
 無料オンライン学習サイトを運営するシェアウィズは、企業・学校向け製品「ShareWis(シェアウィズ)エンタープライズ」の無料トライアル版を8月15日に発表。学校や塾の教材配信などでの利用が可能だという。

 同社が運営する無料オンライン学習サイト「ShareWis」は、「知識の地図」と呼ばれる独自のインタフェースと理解度チェック機能により、学習の達成感を味わいながら学習を進めていくことができる。英語・会計・プログラミングなどを扱い、大学生や社会人を中心に登録ユーザー2万5,000人、累計総閲覧者20万人が利用しているという。

 ShareWisは、ユーザー自身が簡単にレクチャーを投稿することも可能で、情報を共有しながら学習のモチベーションを高められることが同サービスの特長。2012年5月のサービス開始より、企業や学校・学習塾でもShareWisのシステムを使い、生徒の学習モチベーションアップや、社内コミュニケーションの活性化を図りたいという要望が高まっていたことから、企業・学校向け製品の開発に至ったという。

 無料トライアル版は9月14日までの期間限定で、Webサイトにて申込みを受付ける。トライアル版は、1アカウント20名までの利用となるが、2013年9月中旬に正式な製品版の販売を開始する予定だ。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)