たまひよ20周年、20歳になった創刊年の表紙モデルを紹介

生活・健康

創刊20周年号
  • 創刊20周年号
  • 20年前の表紙モデルの今
  • 20周年号のテレビCM
  • ママ向けの育児サポートアプリ「まいにちのたまひよ」
 ベネッセが発行する育児雑誌「たまごクラブ」と「ひよこクラブ」は、2013年10月15日の発売号をもって創刊20周年。20周年を記念し「赤ちゃんがふえる しあわせがふえる」をテーマに、特別企画を展開する。

 医師による専門的な育児雑誌が主流だった20年前、「たまひよ」は読者目線の雑誌として2誌同時に創刊。読者モデルや読者ママの赤ちゃんが表紙を飾り、読者に近い雑誌として評価されたという。

 10月15日に発売される20周年記念号では、20年前に「ひよこクラブ」のモデルを務めた赤ちゃんたちの今を追った企画「創刊年の表紙ベビーを探せ!」を実施。当時の赤ちゃんモデルは今年20歳を迎え、それぞれが勉強が実習に励んでいるという。当時の撮影秘話や、子育てについての母親の想い、20歳になって改めて見た自分の表紙写真への感想などが紹介される。

 また、同企画は、開講25周年の「こどもちゃれんじ」との合同CMや、東急6路線に各1編成ずつ走る「たまひよ」中吊り電車企画などと連動。10月12日には、前野朋哉氏をパパ役に起用した20周年号のテレビCMが開始され、10月27日に開催されるイベント「たまひよファミリーパーク2013 in 横浜」でも表紙を飾った親子数組が登場するという。

 また、ママ向けの育児サポートアプリとして、「まいにちのたまひよ」を10月11日に公開。妊娠日数、月齢ごとに、赤ちゃんの成長と保護者へのアドバイスを毎朝プッシュ通信する機能が特長だ。なお、アプリは、iPhone、Androidともに対応している。

◆まいにちのたまひよ
対象:妊娠4週目から1歳まで(2014年3月までに3歳までサービスを延長予定)
対応端末:iOS 5.0以上のiPhone 4(s)、5(s)およびiPod Touch、またはAndroid2.3以上の端末
料金:無料
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)