ベネッセ、小学生向けに外国人講師によるオンラインレッスン提供

教育ICT 学校・塾・予備校

BE-GO(ビーゴ)
  • BE-GO(ビーゴ)
  • BE-GO オンライントーク(開発中の画面)
  • BE-GO オンライントーク
  • BE-GO オンライントーク
 ベネッセコーポレーションは、小学生向け英語教材「BE-GO(ビーゴ)」シリーズをリニューアルし、11月19日より海外在住の外国人講師によるオンラインレッスン「BE-GO オンライントーク」を、1回900円(税抜き)の有料オプションサービスとして提供する。

 「BE-GO」は、2000年に同社が開発した小学生向け通信教育式の英語教材で、米国の研究機関との共同開発による発音評価システムを搭載。キャラクターとの会話を通じ、正しい英語のリスニング、スピーキングの力を身につけることを目的とした構成になっている。

 今回導入するオンラインレッスンを、海外在住の外国人講師との会話により、英語が「通じる体験」をさらなる自学自習動機につなげる、カリキュラム連動型プログラム。ベネッセでは導入に先立ち、2年間にわたり200人の小学生を対象としたテストを実施。横浜国立大学の満尾貞行教授との学術検証も行ったという。

 1回のレッスンは15分で、内気な傾向を持つ日本人の子どもが積極的なコミュニケーションスキルを身につけられるように、緊張の度合いなど、心理状況の変化に対応できるレッスンの組み立てになっているという。また、学習カリキュラムは、学齢による発達段階ごとに細分化し、学齢ごとの教材と連動。会話の内容は、対話中の子どもの反応から英会話内容のレベル設定を行う、「スクリプト(脚本)型」になっている。

 講師にはフィリピン在住の外国人を採用。英語指導経験、英語力だけでなく、学術的検証から分析された日本人小学生への指導適性などを基準として選考しており、採用時には、デモ授業によるオーディションを課し、ベネッセ社員が判定しているという。

 なおベネッセでは、2014年4月に小学1年生向けに「BE-GO」をリニューアルした「BE-GO English」を開講、2015年以降、小学2年生以上向け講座の開講を予定している。「BE-GO オンライントーク」は現在、1回945円の有料オプションサービスとなるが、「BE-GO English」では、2回分の利用が年間3万1,500円(税抜き・一括)の受講費に含まれる。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)