【中学受験2014】四谷大塚、東海大付属浦安など5校の出願者数を公表

教育・受験 受験

首都圏主要校出願速報
  • 首都圏主要校出願速報
  • 四谷大塚「入試情報センター」
 四谷大塚は11月22日、首都圏主要校出願速報をホームページに掲載した。12月1日に入試を行う5校の出願者数が公表されている。出願倍率は東海大付属浦安(推薦)が1.6倍、昭和学院秀英(1回第一志望)が14.7倍となった。

 12月1日に入試を行う、首都圏主要校5校の出願が締め切られ、出願者数が公表された。

 昭和学院秀英(1回第一志望)は定員が男女計35人に対し、出願者数が男子244人、女子269人。出願倍率は(男女計)14.7倍。

 東海大付属浦安(推薦)は定員が男女計60人に対し、出願者数が男子64人、女子33人。出願倍率は(男女計)1.6倍。

 日出学園(推薦)は定員が男女計約30人に対し、出願者数が男子22人、女子30人。出願倍率は(男女計)1.7倍。

 八千代松陰(推薦)は定員が男女計約120人に対し、出願者数が男子124人、女子136人。出願倍率は(男女計)2.17倍。

 国府台女子学院(推薦)は定員が約50人に対し、出願者数が222人で、出願倍率は7.4倍となった。

 このほか、四谷大塚の入試情報センターでは、学校別偏差値一覧や最新の入試関連変更点、要項早見表なども掲載している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)