若田宇宙飛行士がアイソン彗星を撮影、世界初の4K動画

趣味・娯楽 その他

ISSから撮影した「アイソン彗星」
  • ISSから撮影した「アイソン彗星」
  • ISSから撮影した「オーロラ」
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月26日、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の若田光一宇宙飛行士が、世界初となる宇宙からの4K動画撮影で、アイソン彗星を撮ったと発表した。

 撮影は、11月23日午前7時8分ごろ(日本時間)。場所は、カナダ・オンタリオ州付近、高度420km。大気の揺らぎがないため「彗星観測の特等席」とされる宇宙空間から、アイソン彗星が尾から上がってくる様子を世界で初めて、4Kの動画に収めることに成功した。

 宇宙へ出発する前から撮影訓練に取り組んでいたという若田宇宙飛行士。「ISSから宇宙を見ると、星々が3次元的に奥行きを持って広がって見え、宇宙の広大さを実感する。実際に撮影した時は、美しい光景に驚かされた。これからも彗星がもっとも明るく輝く時まで、できる限り良い映像が撮れるように努めたい」とコメントしている。

 若田宇宙飛行士は、アイソン彗星のほか、オーロラの撮影にも成功。11月23日午後7時3分ごろ(日本時間)、アメリカ・モンタナ州付近、高度420kmから、緑色に発光したオーロラの姿をとらえている。

 撮影で使われた「4K」とは、現行のハイビジョンシステムの4倍の画素数を持つ超高感度カメラシステム。彗星撮影のために特別な改造などもされており、JAXAとNHKが共同で準備を進めてきた。

 12月4日(水)午後7時30分放送のテレビ番組「NHKスペシャル」では、ISSから生中継し、若田宇宙飛行士のコメントを交えながら、宇宙から撮影したアイソン彗星の動画を紹介することになっている。

◆NHKスペシャル「遭遇!巨大彗星アイソン」
放送日時:12月4日(水)19:30~20:43(生放送)
チャンネル:NHK総合
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)