アイソン彗星消滅か…NASAが動画公開

生活・健康 その他

NASAの発表
  • NASAの発表
  • NASAのホームページ
 アイソン彗星が11月29日(金)朝4時頃(日本時間)に近日点を迎え、太陽に最接近した。米航空宇宙局(NASA)が発表した情報によると、近日点に到達する前に砕けて蒸発した可能性があるという。

 アイソン彗星は、2012年9月21日に発見され、発見した観測グループの名称「アイソン(ISON:International Scientific Optical Network)」から名づけられた。今年、太陽にもっとも近づき、11月から12月にかけて明るい大彗星になると予想され、注目されている。

 NASAによると、NASAの観測所からアイソン彗星が観測できず、近日点に到達する前に砕けて蒸発した可能性がある。つまり、12月にアイソン彗星を見られないという。

 NASAのホームページには、アイソン彗星が太陽に接近し、消滅していく様子を映した動画が公開されている。

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)