NORADのサンタ追跡、12/24 16時開始

趣味・娯楽 その他

NORAD「サンタクロース追跡」
  • NORAD「サンタクロース追跡」
  • Google「サンタを追いかけよう」
 北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)のサンタクロース追跡が12月24日の16時(日本時間)より開始する。サンタクロース追跡プログラムにはファーストレディーのミシェル・オバマ氏も登場予定という。

 北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)によるサンタ追跡プログラム「NORAD Tracks Santa」は、クリスマスイブの夜に猛スピードで空を駆け抜けるサンタをレーダーや衛星のほか、世界中の戦略的拠点に設置された「サンタ・カメラ」からの情報を監視する。その結果、プログラムに参加するホットラインのボランティアは、サンタが運ぶプレゼントの重さから、長い夜の間に食べたおやつで増えたサンタの体重まで、事細かな情報を直ちに得ることができるという。

 サンタ追跡サイトでは、現在の科学水準でもっとも高度なテクノロジーを駆使してとらえたサンタの写真や動画を見ることができる。また電話(ホットライン)や電子メールでサンタの位置を教えてもらうこともできる。

 昨年、NORADのサンタ追跡ホットラインが開設された23時間の間に電話をかけた子どもの数は、全世界から約11万5,000人にのぼった。今年も、米国・カナダ軍関係者とその家族、国防総省職員、地域のボランティアなど、1,250人以上が、ボランティアとして同プログラムに参加し、子どもたちからの電話に応対する予定。遠く離れたアフガニスタンの部隊や、ファーストレディーのミシェル・オバマ氏なども参加を予定している。

 サンタ追跡ホットラインは、12月24日20時(日本時間)に開始する。ホットラインでは、電話をかけた子どもと同じ国の言葉を話すボランティアへと電話が自動的に繋がるようになっている。電話番号は、「1 877 446-6723」。

 なお、Googleでも「サンタを追いかけよう」というサンタクロース追跡サイトを公開しており、12月24日19時より、サンタクロースがどこにいるのか、Googleマップで追跡することができる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)