【高校受験2014】千葉県公立高校入試2/12実施、東京新聞が解答速報

教育・受験 受験

千葉県教育委員会
  • 千葉県教育委員会
  • 東京新聞「2014年首都圏公立高校入試」
 千葉県公立高等学校入試前期選抜の学力検査が2月12日、一斉に実施される。12日は国語・数学・英語・理科・社会について各50分の学力検査が県下一斉に同一条件で行われ、翌13日には各高等学校において、面接・集団討論・自己表現・作文・小論文・適性検査・学校独自問題による検査およびその他の検査のうちからいずれか一つ以上の検査が実施される。

 東京新聞は今年も、首都圏公立高校入試の解答速報をWeb掲載する。例年どおりであれば、問題と正答は東京新聞「2014年首都圏公立高校入試」サイトにて当日夜には閲覧できる。

 選抜結果は2月19日午前9時に各学校において掲示により発表されるほか、中学校の校長を通じて本人に通知される。千葉県では2月28日に後期選抜を実施する。

 千葉県の公立高校入試制度は、以前の特色化選抜・一般入試の制度から、現在の前期・後期選抜に2011年に移行され、前期でも全校で学力検査が実施されることになった。前期・後期での募集人員の割合は学校により定められており、前期選抜の割合は、普通科は60%、その他は80%とする学校が多い。

 首都圏公立高校入試はこのあと、2月14日の神奈川、24日の東京、3月3日の埼玉、5日の茨城、6日の栃木、6日・7日の群馬へと続く。千葉県では8日の大雪に続き11日にも積雪があり入試への影響が心配されたが、14日には神奈川県で雪の予報が出ておりこちらも心配される。受験生は寒さ対策をしっかりとして、時間に余裕をもって行動し、日頃の実力を発揮してほしい。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)