有識者による数学シンポジウム「世界は計算!されている?」3/9開催

教育・受験 その他

数学シンポジウム「世界は計算!されている?」
  • 数学シンポジウム「世界は計算!されている?」
  • 来場者プロフェール
 文部科学省は3月9日、数学・数理科学の有識者らによる数学の魅力や科学・社会の発展への貢献について話し合うシンポジウム「世界は計算!されている?」を開催する。

 本シンポジウムは、統計数理研究所と共催で行う数学協働プロジェクトで、中・高・大学生などの一般を対象に、私たちの生活にあふれる数字の魅力を伝えようというもの。

 会場ではサイエンスナビゲーターの桜井進氏、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構長の村山斉氏、京都大学数理解析研究所長の森重文氏の講演をはじめ、東京理科大学理数教育研究センター長の秋山仁氏のデモンストレーションや、パネルディスカッションが行われる予定となっている。

 また、錯視立体、折紙工学、コンピューターグラフィックスに関する展示や、東京理科大学数学体験館の展示物を見ることができる。

◆数学シンポジウム「世界は計算!されている?」
日時:3月9日(日)11:30~16:20
会場:日本科学未来館7階みらいCANホール(東京都江東区)
対象:中・高・大学生などの一般
費用:無料
参加方法:Webサイトにて事前申込
【講演】
桜井 進(サイエンスナビゲーター)
村山 斉(東京大学 カブリ数物連携宇宙研究機構長)
森 重文(京都大学 数理解析研究所長)
【デモンストレーション】
秋山 仁(東京理科大学 理数教育研究センター長)
【パネルディスカッション】
モデレーター:桜井 進(サイエンスナビゲーター)
パネリスト:
秋山 仁(東京理科大学 理数教育研究センター長)
小谷 元子(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構長)
西成 活裕(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)
春山 かおる(東芝 セミコンダクター&ストレージ社 無線電力伝送技術主監)
スーパーサイエンスハイスクール高校生による研究発表:市川学園市川高等学校、大阪府立大手前高等学校
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)