【高校受験2014】千葉県公立高(後期)志願状況…41校で定員割れ

教育・受験 受験

後期選抜の志願状況
  • 後期選抜の志願状況
  • 志願倍率が高い学校
 千葉県教育委員会は2月24日、後期選抜等の出願状況を発表した。全日制は130校211学科の募集人員12,627人に対し、志願者数17,692人、志願倍率1.4倍となり、前年の1.44倍より0.04ポイント減少した。

 地域連携アクティブスクールの2期入学者選抜を含む後期選抜は、全日制が志願者数12,627人、志願倍率1.4倍、定時制が志願者数378人、志願倍率0.51倍、通信制が志願者数26人、志願倍率0.14倍となった。

 志願倍率の高い学校は、松戸国際(国際教養科)の3.71倍、松戸(芸術科)の3.5倍、市立稲毛(国際教養科)3.1倍。一方、全日制の41校51学科で1.0倍未満となり定員割れした。

 志願先変更は、2月25日(火)より26日(水)正午まで受け付ける。後期選抜は2月28日(金)に実施し、3月6日(木)に合格発表する。

 なお、後期選抜の募集人員は、募集定員から「前期選抜」「特別入学者選抜」「地域連携アクティブスクールの1期入学者選抜」の入学確約書提出者数を減じた人数。また、県立千葉高校の募集人員は、募集定員から県立千葉中学校の進学者数と前期選抜の入学確約書提出数を減じた数となっている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)