【高校受験2014】東京都立高校の受検倍率は1.42倍、欠席率5.2%

教育・受験 受験

総括表
  • 総括表
  • 普通科の受検倍率(一部)
  • 専門学科の受検倍率(一部)
 東京都教育委員会は2月24日、同日行われた東京都立高等学校入学者選抜の受検状況を発表した。全日制の受検倍率は1.42倍で、前年の1.43倍と比べ0.01ポイント減少した。

 全日制普通科は、募集人数24,660人に対し、受検者数が35,962人で、受検倍率が1.46倍(前年度1.46倍)。受検しなかった人数は2,114人で、志願者に対する割合(欠席率)は5.2%(前年度5.3%)だった。

 全日制専門学科は、募集人数5,393人に対し、受検者数が6,952で、受検倍率が1.29倍(前年度1.31倍)。受検しなかった人数は375人で、欠席率は5.1%(前年度5.0%)となった。

 最終応募倍率が特に高かった日比谷(男子2.99倍、女子2.16倍)は、最終応募人数659人のうち受検したのは501人で、受検倍率は男子2.28倍、女子1.63倍、欠席率は24%。また、広尾(男子2.63倍、女子2.71倍)は、最終応募人数411人のうち受検したのは359人で、受検倍率は男子2.19倍、女子2.49倍、欠席率は12.7%となった。

 合格発表は、2月28日(金)9時より学校に掲示する。入学手続きは2月28日(金)9時~15時と3月3日(月)9時~12時。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)