子どものいる管理職女性の8割以上が休日も仕事

 働く女性の実態を調査する「kay me VOICE」は働く女性の仕事時間に関する調査を行った。キャリアママである子どものいる管理職は8割以上が休日も仕事をしていることがわかった。

生活・健康
休日の仕事時間
  • 休日の仕事時間
  • 勤務時間
  • 平日の持ち帰り仕事時間
 働く女性の実態を調査する「kay me VOICE」は働く女性の仕事時間に関する調査を行った。キャリアママである「子どものいる管理職」は8割以上が休日も仕事をしていることがわかった。

 調査は20代から50代の働く女性302人(正規雇用者9割、うち管理職4割)を対象に、1月15日~27日にインターネットにて回答を得た。休日の仕事時間を聞いたところ「あり」と答えた人が半数にのぼり、「管理職」と「非管理職」では「管理職」の方が平均で32.5ポイントも高いことがわかった。

 また、もっとも休日に仕事をしている属性は「子どもがいる管理職」で82%と驚くほど高く、「子どもなしの管理職」では55%と27ポイントも差があった。さらに「非管理職」においては子どもの有無で差がほとんど見られない。「子どもがいる管理職」は、平日は子育てと仕事のバランスをとり、休日に仕事の調整をしているのかもしれない。

 平日の勤務時間は全体では「8時間から10時間」が約半数を占めるものの、子どもありの女性でみると半数が「8時間未満」となっており、子どもがいる生活では残業が難しい現状もうかがえる。「平日の持ち帰り仕事時間」をみると「子どもありの管理職」が仕事を持ち帰っている割合が56%と一番高く、そのうち「2時間以上」仕事を持ち帰っている人が3割にものぼる。子どもがいることにより、残業が難しく、その分持ち帰り仕事が多くなっている傾向がみられた。
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)