反転授業の先駆者による講演・ワークショップ、立命館大で5/22

教育・受験 学習

2014年度第1回教学実践フォーラム
  • 2014年度第1回教学実践フォーラム
  • 立命館大学のホームページ
 反転授業の先駆者アーロン・サムズ氏による講演とワークショップが5月22日(木)に立命館大学の衣笠キャンパスで開催される。参加費は講演会が無料で、ワークショップが1万円。どちらも通訳あり。参加希望者は5月15日(木)までにメールで申し込む。

 アーロン・サムズ氏は、2000年より教育に携わり、「Flip Your Classroom: Reach Every Student in Every Class Every Day」(反転授業-基本を宿題で学んでから、授業で応用力を身につける)の共著者。現在は、米国ペンシルバニア州ピッツバークの神学校(the Reformed Presbyterian Theological Seminary)にてデジタル学習の主任および同州ラトローブのセントビンセント大学(Saint Vincent College)の非常勤講師。the Flipped Learning Networkの創設メンバーで、Ted-EDの顧問でもある。

 講演では、「いつ反転授業を導入するのが適切か?」「学習サイクルのどこにビデオ講義を組み込めばいいのか?」といった疑問に対して、具体的な実践事例を交えながら、反転授業のコンセプトについて説明する。また、反転授業に対する共通の誤解や懸念についても取り上げる。

 ワークショップでは、いかに授業を反転させ、そこでの学習経験をどのように評価するのかについて学ぶ。参加者は、ノートパソコンやタブレット端末を持参し、各人の教室の状況に適した反転授業をデザインできるよう、アーロン・サムズ氏がサポートする。

◆2014年度第1回教学実践フォーラム
【講演】
日時:2014年5月22日 13:00~14:30
会場:立命館大学衣笠キャンパス 創思館カンファレンスホール
締切:5月15日(木)
申込方法:メールにて申し込む
参加費:無料
【ワークショップ】
日時:2014年5月22日 15:00~18:00
会場:立命館大学衣笠キャンパス 清心館547
締切:5月15日(木)
申込方法:メールにて申し込む
参加費:1万円
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)