選挙・投票に関心を…東京都が「明るい選挙ポスターコンクール」を実施

趣味・娯楽 その他

2013年度最優秀賞受賞作品
  • 2013年度最優秀賞受賞作品
  • 東京都ホームページ
 東京都選挙管理委員会は選挙への関心を高めてもらうため「明るい選挙ポスターコンクール」を実施する。対象は東京都内に在住・在学の小・中学生と高校生。決められた期日までに学校や選挙管理委員会に提出する。

 未来の有権者である子どもたちに選挙への関心を持ってもらうことを狙いとして毎年行われている「明るい選挙ポスターコンクール」。テーマを「投票参加を求めるもの、明るい選挙に関すること」としており、選挙と投票の大切さを子どもたちの力で強く訴えてくれることを期待している。

 年々応募作品が増加し、2013年度は過去最多となる22,202点の応募があり、都道府県別でも最多となった。学校別の応募状況は小学校では応募者数9,813人、応募校数449校、中学校では応募者数11,830人、応募校数324校、高等学校では応募者数559人、応募校数17校と中学生からの応募が多い。

 応募には四つ切り(542ミリメートル×382ミリメートル)または八つ切り(382ミリメートル×271ミリメートル)の画用紙の大きさ、もしくはそれに準じる大きさで絵の具などの画材で描き、決められた期日までに学校や選挙管理委員会に提出する。

◆明るい選挙ポスターコンクール
テーマ:投票参加を求めるもの、明るい選挙に関すること
規格:四つ切り(542ミリメートル×382ミリメートル)または八つ切り(382ミリメートル×271ミリメートル)の画用紙の大きさもしくはそれに準じる大きさ
応募資格:東京都内に在住・在学の小学生・中学生・高校生
応募方法:学校、在住の区市町村選挙管理委員会に提出
応募締切:各学校、選挙管理委員会の締切日
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)