明治大が新学期をサポート…100円朝食、交通安全指導を実施

教育・受験 学校・塾・予備校

明治大学中野キャンパス
  • 明治大学中野キャンパス
  • 中野区食育マスコット「うさごはん」
  • 明治大学のホームページ
 明治大学は新学期を迎えた学生の生活をサポートするイベントとして、中野キャンパス内の食堂で「100円朝食」を5月19日から5日間限定で提供。さらに、自転車シミュレーターを使用した交通安全指導を15日に実施する。

 同大は学生の食生活改善を目的に、学生健康保険互助組合の予防給付活動として、従来350円の和食・洋食の日替わりセットメニューを100円で提供する。実施は5月19日~23日5日間。中野キャンパスの学生食堂で8時30分から、同大学生に限り各日100食限定。期間中は、中野区食育マスコットキャラクターの「うさごはん」が登場する。

 また、中野キャンパスでは約1割の学生が自転車通学することから、交通安全指導を行うことになった。野方署交通課の協力のもと、本田技研工業が開発した自転車シミュレーターを使い、走行体験やルール、マナーなどを学ぶ。15日、キャンパス内1階アトリウムで12時~13時。

 同キャンパスは昨年4月に国際化・先端研究・社会連携の拠点として誕生した。国際日本学部、総合数理学部、大学院、研究機関を配置している。

 学生の食生活改善に安価で朝食を提供する大学は増えており、一定期間に100円で朝食を提供する大学のほか、立命館大学や駒沢大学では土日以外の毎日提供している。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)