交通安全ファミリー作文コンクール、6/20より募集開始…家庭や職場で話し合おう

生活・健康 交通・クルマ

交通安全ファミリー作文コンクール
  • 交通安全ファミリー作文コンクール
  • 交通安全ファミリー作文コンクール・応募票
 内閣府と全日本交通安全協会、三井住友海上福祉財団、日本交通安全教育普及協会は、「2014年度 交通安全ファミリー作文コンクール」を開催。6月20日から9月10日まで作品を募集する。

 交通事故を防止するためには、歩行者、自転車利用者、バイク利用者、ドライバーなど、それぞれの立場にある人が、身近な交通安全の問題について考え、話し合うことが重要だという。

 コンクールでは、「高齢者や子供の事故防止」「シートベルトやチャイルドシートの着用」など、交通安全について、家族や職場、地域で話し合った内容、交通安全につながる独自の工夫などの実践例、身近な体験談などを作文にしたものを募集する。

 応募区分は小学生の部、中学生の部、一般(高校生以上)の部の3部門を設定。作文の文字数は1,200字程度で、郵送のほか、電子メールでも応募できる。最優秀作品各部門1名には内閣総理大臣賞、そのほかの優秀作品には内閣府特命担当大臣賞、内閣府政策統括官賞などが授与される。

 最優秀作受賞者は、2015年1月16日開催予定の交通安全国民運動中央大会において表彰する予定。また、入賞作品は、作品集にまとめ、入賞者および関係各所に配布するほか、内閣府ホームページ「交通安全ファミリー作文コンクール」に掲載する。

◆2014年度 交通安全ファミリー作文コンクール
応募期間:6月20日(金)~9月10日(水)
応募区分:小学生の部、中学生の部、一般(高校生以上)の部
様式:題材は自由、字数は1,200字(400字詰め原稿用紙3枚)程度で、小学生は800字から1,200字程度でも可。
応募方法:郵送または電子メール
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)