学習塾、4月の売上は286億円・受講生は89万人…前年比減

教育・受験 学校・塾・予備校

学習塾の売上高、受講生数、事業所数、従業者数および講師数
  • 学習塾の売上高、受講生数、事業所数、従業者数および講師数
  • 前年比・前年同期比・前年同月比(%)
 経済産業省は6月16日、特定サービス産業動態統計調査の結果を発表した。学習塾の4月の売上高合計は、286億3,800万円で前年同月比99.5%。受講生数は、約89万6千人(同98.8%)であった。

 同調査は、調査対象とする特定のサービス産業の売上高等の経営動向を把握し、短期的な景気、雇用動向等の判断材料とし、サービス産業の健全な育成のための資料を得ることを目的に、昭和62年12月より毎月調査として実施している。学習塾については、平成16年より調査を行っている。

 学習塾の4月の売上高合計は、286億3,800万円(前年同月比99.5%)。このうち、受講料収入は252億6,800万円(同99.3%)、教材料売上高は33億7,000万円(同101.3%)であった。

 売上高を年度別に見ると、平成23年度は3,917億4,100万円、平成24年度は4,059億6,000万円、平成25年度は4,037億7,500万円であった。

 受講生数は、89万6,827人(同98.8%)、塾の数(事務所も含む)は、9,402校(同101.1%)、講師は7万8,570人(同102.4%)。講師は8割強にあたる6万3,991人が非常勤講師となっている。

 受講生数と講師数は、1月から3月に減少している。例年、4月から受講生が徐々に増え、受験シーズンの1月にピークを迎える傾向にある。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)