アレルギーに強い味方、水拭きと乾拭きが選べるロボット掃除機発売

デジタル生活 その他

アイロボットから、“水拭き”ができるロボット掃除機「ブラーバ380j」登場
  • アイロボットから、“水拭き”ができるロボット掃除機「ブラーバ380j」登場
  • アイロボットから、“水拭き”ができるロボット掃除機「ブラーバ380j」登場
  • アイロボットから、“水拭き”ができるロボット掃除機「ブラーバ380j」登場
  • アイロボットから、“水拭き”ができるロボット掃除機「ブラーバ380j」登場
  • アイロボットから、“水拭き”ができるロボット掃除機「ブラーバ380j」登場
  • アイロボットから、“水拭き”ができるロボット掃除機「ブラーバ380j」登場
  • アイロボットから、“水拭き”ができるロボット掃除機「ブラーバ380j」登場
  • アイロボットから、“水拭き”ができるロボット掃除機「ブラーバ380j」登場
 アイロボットが自動で床拭き掃除ができるロボット掃除機「ブラーバ380j」を7月4日から、同社のオンラインストアで発売する。価格は35,640円でカラーはホワイト。

 フローリングやタイルなど硬い床を水拭きできる「ウェットモード」と、から拭きの「ドライモード」の2つを用意。それぞれを選んでから自動で清掃ができる。ウェットモードでは専用のクリーニングパッドに水を入れることで、広い部屋でも床面全体を水拭き掃除できて、皮脂による汚れや食べこぼし、掃除機の排気は巻き上がってしまうような花粉やハウスダストの掃除にも真価を発揮する。

 ほかにも「NorthStar(ノーススター)ナビゲーションシステム」の搭載により、ブラーバ自身が正確な位置情報を把握できるので、部屋中を隈無く動き回ることができるようになっている。スケジュール予約機能には非対応。

 本体サイズは244W×79H×216Dmm、質量は約1.8kg。本体に約2,000mAhの充電池を内蔵し、約4時間でフル充電。急速充電スタンド使用時は約2時間で充電が完了する。自動充電には非対応。ウェットモードでは約2.5時間、ドライモードでは約4時間の連続駆動時間を実現している。

 日本での販売はアイロボットの日本総代理店であるセールス・オンデマンドが取り扱う。

アイロボットから、“水拭き”ができるロボット掃除機「ブラーバ380j」登場

《山本 敦@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)