【宇宙博2014】アポロ17号太平洋上帰還時のパラシュートや訓練シュミレーター

趣味・娯楽 その他

爆笑問題・田中も「すごい!」というアポロ17号の実物パラシュート
  • 爆笑問題・田中も「すごい!」というアポロ17号の実物パラシュート
  • アポロ司令船(Command Module)のレプリカ
  • 司令船(Command Module)のハッチのレプリカ
  • 爆笑問題・田中も「すごい!」というアポロ17号の実物パラシュート
  • アポロ司令船(Command Module)のレプリカ
  • 爆笑問題・田中も「すごい!」というアポロ17号の実物パラシュート
  • アポロ司令船(Command Module)のレプリカ
  • 爆笑問題・田中も「すごい!」というアポロ17号の実物パラシュート
「SPACE EXPO 宇宙博 2014 NASA・JAXAの挑戦」(千葉・幕張メッセ、7月19日~9月23日)では、1972年12月19日に太平洋上に着水したアポロ17号司令船のパラシュートが展示されている。

1960年にNASAが計画を始めたアポロ月面着陸。アポロ17号は、大気圏への再突入後、パラシュートを展開して速度を緩め、太平洋上の海水に着水し無事帰還した。

宇宙博2014で展示されているパラシュートは、実際に使用された3つのうちのひとつ。同イベントの公式サポーターである爆笑問題の田中裕二は、「僕が衝撃をうけたのは、アポロ帰還のパラシュート。あの汚れがリアルですごい!」と話していた。

また、そのパラシュートと組む司令船(CM、Command Module)の訓練シュミレーターや、司令船のハッチの実物大レプリカで再現されている。訓練シュミレーターは、内部も忠実に再現され、さまざまな計器・スイッチ類に囲まれた狭い空間がうかがえる。

【宇宙博2014】アポロ17号太平洋上帰還時のパラシュート、爆問田中も「汚れがリアル」

《大野雅人@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)