生徒一人ひとりの理想の学校に合格できるだけの力をつけるITTO個別指導学院

 個別指導に特化し、全国に約1,000教室を展開する自分未来きょういくの塾ブランド「ITTO個別指導学院」は、生徒一人ひとりへの対応を重視した学習塾として評価されている。塾の特徴について、エリアマネージャーの村越美夏氏と横浜潮田校教育長の福田沙織氏に聞いた。

教育・受験 学校・塾・予備校
エリアマネージャーの村越美夏氏
  • エリアマネージャーの村越美夏氏
  • 横浜潮田校教室長の福田沙織氏
  • 横浜潮田校の教室
  • 横浜潮田校の自習室
  • 横浜潮田校の談室
  • インタビューに応えた村越氏と福田氏
--保護者の方々にはどのようなサポートをされていますか。

福田氏:保護者の個別面談を年3回行っています。それ以外にも、お子さまのことで気になることがあれば、随時お伺いしていますし、お子さまの様子を見ていて必要だと判断したときにはこちらからお声掛けして面談をすることもあります。

村越氏:お母さまは、お子さまの勉強に対してきつく言い過ぎてしまいがちです。そこで、私たちがいつも保護者の方に言うのは「塾でしっかり勉強をさせるので、家はリラックスできる場にしてあげてください。勉強するように指導するのは私たちの仕事ですから、お母さま一人で抱え込まないで大丈夫ですよ」ということ。自習室は授業のない日でも自由に出入りできるので、ぜひ利用していただいて、家は休むところ、塾は勉強するところ、と割り切って使っていただければと思います。

--児童・生徒の自習室の利用頻度はいかがでしょうか。

村越氏:授業の前後に30分ずつ、予習・復習の場として使う生徒が多いですが、テスト前になると、利用する生徒が増えます。家では集中できない、家庭学習の習慣がついていないという生徒には、自習室で勉強するよう指導しています。塾の授業に毎日通うのは、学費がかさむので大変ですが、授業のない日は自習室を利用すれば余分の費用をかけずに毎日塾で勉強ができ、わからないときは先生に聞くこともできるので、ぜひご利用いただきたいです。

--新サービスなどがございましたら教えてください。

村越氏:今既にあるツールやシステムも、時代のニーズに合わせて常に進化をさせていくことが必要だと考え、ブラッシュアップを図っています。そのひとつとして「ITTO模試」という当塾オリジナル模試があります。各単元の必ず押さえるべき問題を厳選したテストで、達成度・定着度を確認しながら次のステップに進むようデザインされています。基礎学力をしっかり定着させることが目的です。

 そのほか、講師力向上のためのプログラムや高校入試に向けたサポートの充実など、これからもお子さまの学力向上・志望校合格を目指しソフトの面でも一層の充実を図っていく予定です。

--ありがとうございました。

 イードは、2013年10月30日~2013年11月8日、通塾している小学生・中学生・高校生・既卒生(大学受験生)のお子さんをもつ保護者を対象に、顧客満足度調査「イード・アワード2013 塾」を実施。ITTO個別指導学院は「中学部・個別指導」で最優秀賞、さらに「学費の満足度が高い塾」「子どもが好きな塾」の部門賞も獲得した。同塾は、2011年に最優秀賞、2012年に部門賞を獲得しており、3年連続の受賞となる。
《石井栄子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)