【夏休み】早稲田大、小中学生向け科学実験教室「ユニラブ」開催

教育・受験 学習

小中学生のための科学実験教室ユニラブ
  • 小中学生のための科学実験教室ユニラブ
  • 実験体験コーナー
  • 実験体験コーナー
 早稲田大学は、「小中学生のための科学実験教室ユニラブ」を8月5日、早稲田大学 西早稲田キャンパス(東京都新宿区)で開催する。科学実験教室や実験体験コーナーなどを行う予定で、27年目の実施となるようだ。

 「ユニラブ」とは、「University Laboratory(大学実験室)」から生まれた造語。早稲田大学では、実験や工作を自ら体験することを通じて、小中学生が科学・技術に対する興味や関心を高める機会を提供するとともに、広く大学を社会に公開することを目的に1988年に活動を開始。毎年、科学実験教室や実験体験コーナーなどを実施しており、26年間で延べ2万人以上の小中学生が参加したという。

 「ユニラブ」では、事前申込みが必要な実験教室と、申し込み不要で自由に参加できる「実験体験コーナー」を用意。「実験教室」はすでに申し込みが締め切られたが、「実験体験コーナー」では、10種類の実験体験を実施する。

 アンモナイトや三葉虫など古生物の化石レプリカを作る「化石のレプリカづくりと光の束をほどいてみよう」や、2つの液体をかき混ぜて作る「カラフル☆スライムを作ろう!」、バナナを使った「DNA抽出実験!」などが用意されている。

 「実験体験コーナー」の開催時間は10時から16時頃まで。ただし、材料がなくなり次第終了となる。

◆科学実験教室ユニラブ(実験体験コーナー)
日時:8月5日(火)10:00~16:00
会場:早稲田大学 西早稲田キャンパス(東京都新宿区)
対象:小中学生
応募方法:申し込み不要
※実験教室は事前受付終了
[体験コーナー企画一覧]
1.粉じん爆発
2.歩いて距離を測ってみよう
3.身の回りの放射線を調べる
4.音を体感しよう
5.バナナを使ったDNA抽出実験!
6.プラ板キーホルダー
7.カラフル☆スライムを作ろう!
8.科学マジック
9.電気を通す魔法のペンで遊ぼう!
10.化石のレプリカづくりと光の束をほどいてみよう
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)