ヘルパンギーナが流行、東京・大阪含む10都府県で国の警報基準超え

生活・健康 健康

疾病毎定点あたり報告数(過去10年間との比較)
  • 疾病毎定点あたり報告数(過去10年間との比較)
  • 都道府県別の報告数
 国立感染症研究所は7月29日、第29週(7月14日~7月20日)のヘルパンギーナの発生状況を発表した。患者報告数は15,547件、定点あたり報告数は4.94。定点あたりの報告数が特に多いのは、東京都(9.92)、山梨県(8.63)、大阪府(8.44)など。

 ヘルパンギーナは、エンテロウイルス(主にコクサッキーウイルス)による感染症で、いわゆる夏風邪の代表的疾患だという。主な症状は、38度以上の突然の発熱、口の中にできる水ほう(小さな水ぶくれ)で、1週間程度でおさまる。患者の90%以上が5歳以下の小児で、1歳代がもっとも多く、次いで2、3、4歳代、0歳と5歳はほぼ同程度の症例が報告されている。毎年5月頃より増加し始め、7月頃にかけて流行し、8月頃から減少を始め、9~10月にかけてほとんど見られなくなるという。

 ヘルパンギーナの患者数は、全国約3,000か所の小児科定点医療機関より毎週報告がなされている。定点あたりの報告数は20週(5月12日~5月18日)以降増加が続いている。都道府県別にみると、東京都(9.92)がもっとも多く、次いで、山梨県(8.63)、大阪府(8.44)、滋賀県(8.22)、鳥取県(8.16)、神奈川県(8.00)などとなっている。国の警報基準(6.00)を超えた都道府県は10都府県に上る。

 感染を防ぐためには、こまめな手洗い、咳やくしゃみをする時には口と鼻をティッシュなどでおおう、集団生活ではタオルの共用を避けることなどに気を付けること。症状が治まった後も、患者の便の中には発症から2~4週間はウイルスが含まれているため、トイレの後やオムツを替えた後は、しっかり手洗いすることが重要という。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)