女性の管理職6.2%、役員8.4%…政府目標30%にほど遠い実態

 女性の管理職割合が1割に満たない企業が81.1%に上ることが、帝国データバンクが8月14日に発表した「女性登用に対する企業の意識調査」の結果から明らかになった。女性の平均割合は、管理職6.2%、役員8.4%。大企業や上場企業ほど、少ない傾向にあった。

教育・受験 その他
女性の割合(従業員・管理職・役員)
  • 女性の割合(従業員・管理職・役員)
  • 女性管理職・役員の平均割合
  • 女性管理職・役員割合の上位10業種
  • 女性管理職・役員割合の増減(5年前と現在、現在と今後)
  • 女性の活用・登用状況
 女性の管理職割合が1割に満たない企業が81.1%に上ることが、帝国データバンクが8月14日に発表した「女性登用に対する企業の意識調査」の結果から明らかになった。女性の平均割合は、管理職6.2%、役員8.4%。大企業や上場企業ほど、少ない傾向にあった。

 調査は7月、女性登用に対する企業の見解を調べようと、全国2万3,485社を対象に実施。1万1,017社から回答を得た。

 女性の管理職割合が「10%未満」の企業は81.1%。逆に「30%以上」の企業は5.3%にとどまった。役員(社長を含む)に占める女性の割合でも、「0%(全員男性)」が6割を超え、「10%未満」も合わせると8割近くに達した。

 女性が占める割合の平均は、管理職6.2%、役員8.4%。政府が「成長戦略」の中で掲げる「2020年に指導的地位に占める女性の割合30%」という目標には、ほど遠い実態があらためて浮き彫りとなった。

 一方、女性が従業員全体の3割以上という企業は27.7%。女性管理職・役員の割合は、大企業や上場企業で低い一方、小規模企業や未上場企業、業種別では「小売」「不動産」「金融」「サービス」で高い傾向にあった。

 自社の女性管理職割合について5年前と比較したところ、「変わらない」は72.8%。「増加した」は17.4%、「減少した」は4.6%だった。今後の見通しについても、「増加する」は20.9%と5社に1社の割合にとどまり、「変わらない」が61.0%を占めた。

 女性の活用や登用を「進めている」という企業は45.4%。理由は「男女にかかわらず有能な人材を活かすため」が92.5%で断トツのトップだった。逆に「進めていない」という企業は31.2%で、理由は「資格対象者、候補者がいないため」が40.7%で最多だった。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)